谷埋め盛土関連の業務報告書
(2021年4月21日に情報公開請求で得たものなので、個人情報に関わる部分は非公開となっています)
行政文書開示決定通知書に非開示の部分の理由が書かれています(主に個人情報部分)。
2021年3月12日 情報公開請求
2021年4月12日 行政文書開示決定
2021年4月21日 開示(国都安第1-1及び1-2号)
(第1-1号)大地震時における宅地盛土の被害に関する調査業務 報告書
(NPO都市災害に備える技術者の会 実施業務)
 
  業務目的:本業務は未曾有の宅地災害を引き起こした阪神・淡路大震災等を事例として、被災した盛土宅地に関する情報収集や追跡調査等を行い、大地震時に変状の危険性の恐れのある盛土宅地の特性や復旧手法等をつまびらかにすることを目的とする。

業務内容:本業務では下記の内容についての調査を実施する。
(1)阪神・淡路大震災により被災した盛土宅地に関する情報収集とその分析
(2)盛土造成宅地の分布状況の把握に関する調査、検討
(3)盛土の危険度判定手法に関する調査
(4)報告書のとりまとめおよび作成

業務期間:平成17年7月20日〜平成17年9月30日

業務監督機関:国土交通省都市・地域整備局 都市計画課 開発企画調査室

業務実施:特定非営利活動法人 都市災害に備える技術者の会
〒651-14 兵庫県西宮市すみれ台3丁目1番地(有限会社太田ジオリサーチ内)
TEL 078-907-3120 FAX 078-907-3123
e-mail:office@toshisaigai.net
 (第1-2号)平成17年度谷埋め盛土造成地の危険度評価・安定解析手法
に関する検討報告書
(社団法人日本地すべり学会 実施業務)
  宅地谷埋め盛土の地震時地すべり関する検討委員会設立趣意書(案)
平成17 年11 月18 日
(社)日本地すべり学会

平成7年の兵庫県南部地震時に仁川地すべりをはじめ,谷埋め盛土が液状化を起こし,土砂流動(地すべり)が発生しています。移動速度が早いため人命をも奪う災害となり,社会的にも注目された土砂災害でした。この地盤災害に対し,(社)日本地すべり学会や(社)地盤工学会の会員が中心となり研究を進めた結果,以下のような事実が判明しつつあります。

谷埋め盛土が地震時に土砂流動(地すべり)を起こす主な要因

@ 震度6以上の地震

A 盛土厚Hと谷埋め幅Wの関係が W/H >10 の場合

平成16 年10 月23 日に発生した新潟県中越地震により,長岡市の高町団地・鶴ヶ丘団地など5箇所の団地においても,谷埋め盛土の地すべりが発生し,兵庫県南部地震災害との共通性もあることが判明しています。

今後発生が予測されている東海,東南海および南海地震や発生が切迫していると予想されている宮城県沖地震に際しても,谷埋め盛土の液状化による地すべりが発生する可能性は極めて高く,このままでは再び尊い人命が失われることも予測されます。したがいまして,社会に貢献する役割も担っている学会としても,地震時の谷埋め盛土の地すべり発生メカニズム解明とハザードマップの作成は急務と思われます。

このため,地震時の谷埋め盛土の地すべりメカニズム解明と防止工法の検討およびハザードマップ作成手法の検討を行い,これらの成果をもって国土交通省の都市計画課をはじめ,宅地防災に関わるすべての省庁・地方公共団体の危機管理に資することを目的として,学識経験者からなる「宅地谷埋め盛土の地震時地すべりに関する検討委員会」を(社)日本地すべり学会内に設置することになりました。    

<公開資料>
1-1.平成17年度谷埋め盛土造成地の危険度判定報告書
1-2.平成17年度谷埋め盛土造成地の危険度判定 第1回委員会資料
1-3.平成17年度谷埋め盛土造成地の危険度判定 第1回委員会速記録
1-4.平成17年度谷埋め盛土造成地の危険度判定 第2回委員会資料
1-5.平成17年度谷埋め盛土造成地の危険度判定 第2回委員会速記録